i+Remaker

iPhone7の修理 | iPhone修理のi+Remaker

0120-810-084 受付時間10:00~19:00(365日対応)

iPhone7の修理をお探しの方へ…

  • ガラス面が割れてしまった
  • ホームボタンが取れてしまった
  • 液晶が漏れてしまっている
  • 水没させてしまった

修理を依頼する

iPhone7が発売されたのは、2016年の秋。発売前からイヤフォンジャックの廃止をはじめ、多くの話題で盛り上がった新機種で、その注目度は歴代機種以上のものがありました。イヤフォンジャック以外にもホームボタンを廃止したり、耐水・耐塵性能が追加されたり、Suicaが登録できるようになったりと、先代機種のiPhone6S/6S Plus、iPhoneSEから大きな変化が見られました。

大幅に追加された新機能。目玉はSuica搭載やカメラの性能向上

iPhone7で一番の注目点は、イヤフォンジャックを廃止して、かわりにスピーカーを搭載したことでしょう。イヤフォンジャックがなくなったことで、イヤフォンはLightningコネクタあるいはBluetoothによる接続が必須となり、発売前は「不便」など批判的な声も見られました。ですが、これによりサウンドがステレオとなり、発売後はその音質の良さに感動するユーザーが続出しました。

またカメラの機能性向上も、大きな話題となりました。
メインカメラはレンズが5枚構成から6枚構成になり、広角・望遠双方の解像度が向上。また広域色キャプチャを搭載したことで、より細かな色も拾えるようになりました。手ブレ補正機能ももちろん完備。これらにより、一眼レフで撮ったかのような美しい写真を誰でも簡単に撮影できるようになったのです。

また防水・防塵性能が搭載されたのも、iPhone7の特長の一つ。
それまでも多くのユーザーが水の中に落としたり雨に濡らしたりして壊してしまうなど、iPhoneの水没に伴う故障は後を絶ちませんでした。そのためiPhoneの防水対応は長らく望まれており、iPhone7になって遂に実現しました。
iPhone7の防塵・防水性能は、国際電気標準会議という国際機関が定める等級で「IP67」というレベルを満たしています。簡単にいえば、防塵性は「端末内にちりやほこりは一切入らない」という最高レベル、防水性は防塵性と違って完全ではないものの「多少の水に濡れる程度では問題ない」というレベルです。

一方で、使い勝手に関わるハード面にはほとんど変化がありませんでした。iPhone7の液晶サイズは縦13センチ・横7センチほどで、iPhone6Sと変わりません。重さは少しですが軽くなり、ストレージ容量はiPhone6Sが最大128GBだったのに対して、iPhone7では256GBのモデルも登場。iPhone6と使い心地が大きく変わらない一方、性能面で飛躍的な進化を遂げた機種がiPhone7というわけですね。

そのためか、SNS上などでは発売当初から「写真の画質すごい」「Suica対応最高」「手触り良くて使いやすい」など、好評の声が多く飛び交いました。ホームボタンの廃止(フロントパネルに埋め込まれたタッチ式のボタンになりました)など、従来機種と違う点に戸惑うユーザーも発売当初はいましたが、慣れてくると良さが際立ち、多くのユーザーがiPhone7は前評判通りの素晴らしい端末だと実感しています。

アイリメーカーではiPhone7の修理も対応可能

日に日に修理依頼も増えているiPhone7。もちろんアイリメーカーではiPhone7の修理も可能です!ぜひお気軽に店舗にお問い合わせください。

修理を依頼する

- アイリメーカー紹介 -