iPhone6S Plusの修理をお探しの方へ…

  • ガラス面が割れてしまった
  • ホームボタンが取れてしまった
  • 液晶が漏れてしまっている
  • 水没させてしまった

修理を依頼する

iPhone 6s Plusのサイズは、iPhone 6sより一回り大きい幅・約8センチ、高さ・約16センチもあるため、片手で操作していると落としやすいという難点があります。画面の最上段に並ぶアプリを起動しようと親指を伸ばして、危うく落としかけたという方も多いのではないでしょうか。
6sより保ちの良いバッテリー、光学手ブレ補正機能など、iPhone 6s Plusならではの魅力もありますが、5や5sなどの従来機種と比べて壊してしまいやすい機種であるとも言えます。

iPhone 6s Plusの弱点は耐水性?

米国の電化製品保証会社「SquareTrade」が公開した調査によれば、iPhone 6s Plusは、6sよりも耐水性に難があるとされています(https://www.youtube.com/watch?v=bWRnDVcfA3g)。水没は「落とした水の種類」や「取り出した後の対応」(電源を入れてしまった、など)によって復旧率が大きく変わりますが、落としやすい上に水没に弱いiPhone 6s Plusは、雨の日や水辺で利用する際は、いっそうの注意が必要と言えるでしょう。

「i+Remaker」のiPhone 6s Plus・修理メニュー

私たち「i+Remaker」(アイリメーカー)では、iPhone 6s Plusのフロントパネル修理、水没復旧、バッテリー交換、ホームボタンやイヤフォン端子など各種パーツの修理、データ復旧を対応しています。
上記以外のさまざまな不具合(アップルのロゴが出たまま起動しない、バッテリーの消耗が異常に激しい、など)についても対応可能です。気になる点がある方は、お気軽にiPhone修理の「i+Remaker」までお問い合わせください。
※割引キャンペーンなど、店舗により修理料金が異なることがあります。詳細は各店舗にお問い合わせください。

修理を依頼する