iPhone5の修理をお探しの方へ…

  • ガラス面が割れてしまった
  • ホームボタンが取れてしまった
  • 液晶が漏れてしまっている
  • 水没させてしまった

修理を依頼する

iPhone 4の後継機として発売されたiPhone 5は、ネットワークのLTE対応やテザリングなど、いまは当たり前の機能の多くが初めて搭載されました。また、SIMのサイズも、iPhone 4までのマイクロSIMからナノSIMに変わるなど、いまに至るまでつづく変更が多く盛りこまれ、その意味では現在のiPhoneの源流と言えるかもしれません。

端末が大型化・薄型化したのも大きな特徴です。幅は6センチ弱とiPhone 4と変わりませんが、高さは12.3センチと少し伸び、かわりに厚さが7.6ミリと1ミリ以上、薄くなりました。伴って重さも112グラムとiPhone 4より30グラム弱も軽くなり、さらに持ち運びやすくなったのが特徴です。
ただ、かなり軽くなったことで、ポケットに入れているのを失念してしまい、そのまま椅子に座ってフロントパネルを割ってしまうユーザーが増えたのも、iPhone 5からの印象です。
※割引キャンペーンなど店舗によって料金が異なることがあります。詳細は各店舗にお問い合わせください。

iPhone 5は、いまでこそユーザーも減りましたが、それでもまだ修理依頼が入ります。多いのは経年で劣化したバッテリーの交換。また長く使用していたために、わずかな隙間からゴミやホコリが入ってしまい、端末に不具合が生じたケースなどもあります。
こうした故障事例は実は稀ではなく、たとえば、画面が割れたまま長く使用していたりすると、隙間から入ったホコリや水分で故障してしまうことがあります。「i+Remaker」でも、水のなかに落としていないのに、水没反応が出ていたiPhoneをかなり多く対応してきました(これはiPhone 5に限らず、全機種に共通の注意事項ですが)

また最近では、iPhone 6や6sへの機種変更であまった同機種をネット通販やオークションで販売する人が修理にもちこむケースも増えてきました。iPhone5/5sはまだ需要があるため、綺麗に修理して販売すると意外と買い手がつきます。

修理を依頼する