東京都は狭い立地ながら労働人口はおよそ630万人、そのうちiPhone所有者は272万人にも上るといわれています(1人1台所有の場合)。この中には東京ではなく近郊に住み人たちも多いかもしれませんが、とにかく東京のビジネスマンのiPhoneユーザーが非常に多いように思えます。その理由としては、次の2点が挙げられます。 (1)セキュリティ iPhoneにはAndroidのような自由性はないものの、その圧倒的なセキュリティの高さが知られます。アプリにしてもiPhoneのアプリの承認審査の厳しさは有名です。 (2)使い勝手 今やビジネスでは欠かせないiPadですが、自分のスマホがiPhoneなら同じOSを使用しているので互換性は抜群です。また手持ちのPCがMacなら、3台すべてを駆使することによってそれぞれの性能をさらに高め合うことができるのです。

出張専門スタッフ

東京都は言わずと知れた日本の首都であり、人口はおよそ1300万人でこれは日本の総人口の約10%にあたります。一方、東京都の面積は全国の都道府県で下から4番目。当然のことながら人口密度は1位です。さらに東京都は毎年11万人ペースで人口が増加し続けているため、密度は上がり続けています。そんな東京都は特にiPhoneの利用者が多いイメージがありますが、それには2つの理由があります。 (1)Apple Storeが多い Apple Storeは日本にはわずか8店舗しかないのはご存知でしょうか。そのうち半分の4店舗は東京にあります。そのため東京にいる人たちは、必然的に正規店で新型のiPhoneなどに触れる機会が多いと思われます。 (2)アクセサリーの種類などが豊富にある 東京は日本全国の中でも人口が多いため、そのぶんiPhoneユーザーも圧倒的な数になります。iPhoneの普及台数も推定561万台。右も左もみんなiPhoneユーザーのため、なかなか個性を出しにくいところがありますが、その点でiPhoneにはフィルムやケースなど各シリーズでそれぞれ圧倒的な数のアクセサリーがあります。そのぶん、他のスマホよりも個性を出しやすいといえるかもしれません。 また修理ニーズも画面割れや水没だけでなく、データ復旧やバッテリー交換など幅広く、買い替え時の下取りや中古端末の買取といった新たなニーズも増えてきています。