埼玉県は関東地方の内陸部に位置し、人口は約730万人、iPhone普及台数は推定315万台にも上ります。歴史的には江戸時代まで武蔵国と呼ばれ、隣接する東京都と一体化した行政単位となっていました。そのころは徳川家の重臣たちが現在の埼玉県内に位置する川越城、忍城、岩槻城に配置され、江戸城防衛のための要衝と位置づけられていました。そして現在の埼玉県の最東部には南北に日光街道が整備され、江戸(東京)と日光を結ぶ幹線道路となりました。これは現在の国道4号線とほぼ同じルートとなり、現代社会における物流の要となっています。また大宮台地の高台を南北に貫く形で中山道が整備され、現在の国道17号線のルートとほぼ重なっています。こちらも現代社会において物流の要となっています。

出張専門スタッフ

県内人口730万人・iPhone所有者およそ315万人(推定)の埼玉県。地形的には南東部に大宮台地があり、この大宮台地の東側に中川が、西側に荒川が流れています。そして荒川の西側には武蔵野台地と入間台地があり、さらに西側は関東山地の峰々が連なっています。したがって埼玉県民のおよそ半数は埼玉県東部に、残りの人々の多くは東京都心への通勤に便利なさいたま市や川口市といった南部に居住しています。 埼玉県内で有名な産業としては、スイーツがあります。洋菓子やチョコレートの生産額は全国トップクラス。また国道17号線沿いや首都圏中央連絡自動車道沿いには自動車や住宅機器メーカーなどの工場が設置されています。そして秩父や長瀞は観光産業で賑わいをみせています。 埼玉県内の幹線道路である国道4号線・16号線・17号線沿いには多くの工場があり、常にトラックなどで物資が輸送されていることから、幹線道路沿いのiPhoneショップにはトラック運転手が多く訪れる傾向があります。また川口市やさいたま市などに居住するビジネスパーソンたちも、仕事上iPhoneを利用しています。また、埼玉県北部で農業を営む人々も、天候をリアルタイムでチェックする必要性からiPhoneを利用する人が増加傾向にあります。 休日は多くの30〜40代のファミリー層がiPhoneショップを訪れ、平日は主婦や高校生、大学生たちがiPhoneショップを訪れる傾向があります。また、秩父などの観光地では観光客がiPhoneショップを訪れる傾向が強いです。