群馬県は関東平野の北端に位置しており、県内の三方を足尾山地、三国山地、関東山地に囲まれた地形となっています。このため群馬県民の多くが、平地となっている南部エリアに居住しています。群馬県における平地は総面積の25%程度。両毛線と高崎線が乗り入れている高崎市や、県庁所在地である前橋市に居住する人が多くなっています。人口はおよそ197万人で、そのうちiPhone使用者と推定されるのは約85万人(1人1台所有の場合)。また高崎市民と前橋市民だけで約70万人を占めています。なお群馬県民の多くは県内で就職しており、県外で働くケースは稀となっています。そして歴史的には、群馬県は江戸時代まで上野国と呼ばれ、現在でも群馬県のことを「上州」と呼ぶ人もいます。冬の名物である「上州空っ風」と呼ばれる、北から吹いてくる冷たく厳しい風も有名です。

出張専門スタッフ

群馬県を代表する産業としては、まず自動車産業を挙げることができます。太田市やその近隣都市にはSUBARUなどの自動車工場が集積していることで有名です。また群馬県といえば温泉です。伊香保温泉や草津温泉、水上温泉など国際的に有名な温泉地が多く、外国からの観光客も増加傾向にあります。そして冬になるとスキー客もやってきます。万座温泉スキー場や水上高原やかたしな高原は、毎年多くのスキー愛好家で賑わいます。 このような要素から、温泉街やスキー場にやってくる観光客のほとんどがiPhoneを利用しています。カメラ機能がついているため、自撮りをしたり、友人たちと写真撮影をするためにiPhoneは欠かせません。また外国人観光客にとっては、外国である日本の温泉を訪れるにはiPhoneは欠かせません。ネットで必要な情報を調べたり、日本語を英語などに翻訳するために欠かせないのです。 一方、高崎市や前橋市、太田市などに居住する地元住民たちも、iPhoneを欠かすことはできません。群馬県の人口197万人のうち、実に85万人がiPhoneユーザーと推定されています(1人1台所有の場合)。群馬県民は日常の移動手段として自動車が欠かせないため、カーナビとしての機能をiPhoneに求めている人も少なからず存在します。また農業従事者にとっては、天気予報をチェックするためにもiPhoneは欠かせません。このため温泉地やスキー場近辺のiPhoneショップには観光客が訪れ、都市部のiPhoneショップには地元住民が訪れる傾向が強いのです。