関東地方は、人口の多さが特徴的です。2018年現在、4,300万人を誇り、日本の中でも非常に多い地域と言えます。中でも首都・東京は、ほかのエリアで200万人台のところもあるなか、その人口はおよそ1,200万人。関東地方で暮らす4分の1の方が東京にいます。そんな関東地方は全国の中でもIT関連の産業が非常に盛んです。いわゆるITテクノロジー産業の大部分は、東京に集中している状況でもあります。そのためiPhoneに求める用途や、それに伴って生じるビジネスニーズも幅広く、画面割れや水没などの修理はもちろんデータの移行や復旧、さらに最近では下取り・買取などのニーズも高まってきています。

出張専門スタッフ

関東地方では、多くのビジネスパーソンの方々がiPhoneを使用しています。全国の中でも際立ってiPhoneの使用率が高い地域なのです。その主な理由は東京エリア。日本全国の中でも、東京は特にIT産業が 発達しています。各サービスがITと連動している事も多い地域で、日常よく見かける物品にIT媒体が結びついている事も少なくありません。ですからこのエリアのビジネスパーソンは、仕事でiPhoneを駆使するケースも多々あるのです。iPhone用のアプリを用いて、効率的に作業を進めているビジネスマンも、関東地方では珍しくありません。移動の際に乗り換え案内などのアプリをiPhoneで使用しているビジネスパーソンも多いです。しかし関東地方は何もITだけが全てではありません。産業が盛んな一方、観光スポットも数多く見られます。東京や神奈川は観光スポットも多く、近年では外国人観光客が訪れています。観光地ではiPhoneで 写真を撮影している人もいれば、写真をSNSに投稿している人も珍しくありません。また東京に土地勘がない観光客は、アプリを使用して各場所を調べます。このように関東地方は幅広いシーンでiPhoneが使われるため、画面割れや水没などの各種修理はもちろん、下取り・買取なども含めた幅広いニーズがあります。