宮城県の人口は約231万人(平成30年4月1日現在)です。県庁所在地の仙台市の人口が約108万人で、県内人口の約半分が仙台市に集中しています。宮城県は東北の中心的存在で仙台市は東北唯一の政令指定都市ということもあり、東北の経済・文化・産業の中心です。日本の北部に位置しながらも比較的温暖で降雪が少なくて過ごしやすく、山や海の幸も豊富。世界3大漁場の三陸沖金華山漁場を有しており、フカヒレや牡蠣などの海産物が有名です。東日本大震災の時にツイッターなどのSNSが果たした役割が大きく、緊急時のライフラインとしてもiPhoneの普及が進んでおり、現在の普及台数は推定およそ99.7万台といわれます。

出張専門スタッフ

宮城県は伊達政宗が治めていた地で、江戸の米の大半は仙台藩が担っていたという記述があるほど豊かな米どころでもありました。東北のあらゆる中心で、せんだいメディアテークや宮城県美術館などの芸術文化、仙台フィルハーモニー管弦楽団や定禅寺ジャズフェスティバルなどの音楽文化、さらには東北最大の経済圏を有しており、また東北大学や東北学院大学などがある学都でもあります。仙台市中心部にあるApple Storeは連日、最新iPhoneを手にしてクオリティの高さや機能性、デザインに目を奪われている方々で賑わっています。iPhoneに関心がある年齢層は若い方が多いですが、直感的で全く触れたことがない人でもすぐに理解できるiOSということもあり、幅広い年齢層の方々がiPhoneを持っています。東日本大震災の際に当時iPhoneを持っていた人がSNSなどで他の地域と連絡を取り合い励まし合い、また高齢者や子供達などに正確で有意義なニュースなどの情報を伝えていた経験もあり、現在およそ99.7万台ものiPhoneが県内に普及していると推定されています。また東北の中心というメリットからか、宮城県で流行したものが東北中に流行する傾向もあるので、仙台でiPhoneのニーズが高まり普及することは、東北中にiPhoneが普及することとイコールでもあります。