新潟県の中では第2位の人口である長岡市は、人口27.4万人ほどでおよそ14万台のiPhoneが普及していると想定されます。 長岡市は各地から訪問している観光客の数も特徴的で、毎年100万人以上もの人が訪れているのです。花火大会が有名な地域で、毎年の8月には長岡大花火大会が開催されています。具体的には8月の2日と3日に開催されていて、実に2万発が打ち上げられているのです。その花見の壮観さにより、人気投票で首位を獲得している地域でもあります。 そして長岡市は、海産物にも特徴があるのです。寺泊港や出雲崎港では、カニやエビなど多くの魚介類が採られています。ですから県内だけでなく、県外からも多く買い物客が来ている地域なのです。魚市場に関するスポットもあり、多くの観光客が来ているエリアでもあります。

x

長岡市は、iPhoneが使われている事は大変多いです。なぜなら長岡市では、毎年のように花火大会が開催されています。その大会では、花火を撮影する方々も多いのです。いわゆる記念撮影の為に、カメラなどを使用する訳ですが、それでiPhoneが活用される事も多々ある地域になります。iPhoneは、他のスマホよりも解像度も優れているのです。ですから花火が撮影される訳ですが、SNSとも連動している傾向があります。何らかのイベントが開催されると、それがSNSに投稿される事もあるでしょう。実際過去には、長岡市の花火大会に関する投票が、WEBで行われた事もあります。リアルタイムにSNSを使用する事も多い都合上、長岡市ではiPhoneがよく使われるのです。ただし大会会場では、たまにアクシデントが起こることもあります。ですから、時にはiPhoneを修理したいという需要が生じる事も、しばしばある地域です。このため長岡市の花火大会を鑑賞する方々は、よくiPhoneを使用しているのですが、観光客にも同様の傾向があります。観光の各スポットがある都合上、上述の記念撮影などの目的で、観光客がiPhoneを使用している事も多い地域なのです。このように長岡市は、観光目的でiPhoneが使用されている実例が多い地域なのです。