i+Remaker Channel

i+Remaker

【初心者向けiPhone講座】ロック中の電話の応答/切り方、無視/拒否したい時の対処法 | iPhone修理のi+Remaker

0120-810-084 受付時間10:00~19:00(365日対応)

2018年04月18日

iPhone小ネタ・裏ワザ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【初心者向けiPhone講座】ロック中の電話の応答/切り方、無視/拒否したい時の対処法

【初心者向けiPhone講座】ロック中の電話の応答切り方、無視拒否したい時の対処法

こんにちは、アイリメーカー渋谷本店です。

操作している時は別として、普段iPhoneをポケットやカバンにしまっている時にはロックをかけていますよね。ロックがかかっている状態で電話がかかってきたら、どうやって対処したらいいのでしょうか。ロックがかかった状態で電話の応対や切る方法や、会議中や移動中で電話に出られない時の対処法をわかりやすく画像付きで見ていきましょう。

iPhoneのロック中の電話の応答/切り方

IMG_0318

ロックをかけておけば紛失・盗難の時にもiPhoneに登録されている電話番号など個人情報を他人に見られる心配がないので安心ですよね。iPhone5s以降は指紋認証を使用したTouch IDも搭載されたので、毎回パスワードを入力する手間もありません。でも、ロック中に電話がかかってきた場合や、電話を切る場合にはどうしたらいいのでしょうか?

電話に応答したり、切ったりするのに、毎回iPhoneのロックを解除する必要はありません。ロック中に電話がかかってきた場合、画面には電話の丸いマークが表示されます。それを右にスライドしてあげれば、ロック中でもそのまま電話に応対できます。

会話が終わったら、電話を耳から離せば赤い電話のマークが画面に表示されるので、タップして通話を終了できます。

ロック中に通話を切りたいのに画面が表示されないときの対処法

まれに、「ロック中に通話を切りたいのに画面が表示されない」というトラブルが発生する事があります。iPhoneの画面上部のスピーカー近くには「近接センサー」があり、通話するのにiPhoneを耳に当てたり、離したりするのに反応して画面表示を消すことで、誤操作を予防しています。

ただし、一部のスマホケースや保護フィルムを使用すると、近接センサーが上手く反応せずに画面が表示されないこともあります。その場合は、一度スマホケースやフィルムを外して、画面をキレイに拭いてからもう一度試してみましょう。

通話を無視/拒否したい時には?

会議中だったり、電車に乗っていたり、車を運転していたりなど、電話がかかってきても出られないシチュエーションってありますよね。iPhoneのロックがかかっていない場合は操作も簡単です。

IMG_0324 - コピー

画面に赤と緑の電話のマークが表示されるので、出られない時は赤いマークをタップするだけです。「拒否」と表示されるので、「着信拒否に設定してしまうのでは?」と心配する方もいますが、着信拒否設定ではありませんのでご安心下さい。

赤いボタンを押すと、留守番電話サービスを利用している場合は相手側には電話に出られない旨のアナウンスが流れます。また留守番電話サービスを利用していない場合は、相手側には「ツー、ツー、ツー」という音が流れ、通話が切れます。

IMG_0319 - コピー

一方、iPhoneのロック中に電話がかかってきた場合、赤い拒否ボタンは表示されなくなります。そのため、ロックがかかっている状態で電話を拒否するには、電源ボタンで対応します。電源ボタンを一回押すと、まずサイレント応対になります。

着信音やバイブは止まりますが、相手側では呼び出し音が鳴り続きます。会議中などで、まず音を止めて席を外してから応対する時などに便利です。

iPhone8_Siri_new_voices

電話に出られない状態の時には、電源ボタンを2回連続で押すと、ロックがかかっていない状態の時の赤いボタンと同じように、着信を拒否することができます。またこの操作は電源ボタンだけでなく、音量ボタンでも行えます。iPhone8_Siri_new_voices1

便利な「あとで通知」/「メッセージを送信」を活用する

ロックがかかっている状態でも解除した状態でも、電話がかかってくると画面上には「あとで通知」と「メッセージを送信」ボタンが表示されます。

IMG_0324 - コピー

「あとで通知」をタップすると、iPhone標準アプリのリマインダーをセットすることができ、例えば「1時間後」を選択すると、時間になった時にホーム画面に通知が表示されます。

IMG_0325 - コピー

「メッセージを送信」を選択すると、複数の定型文の中からメッセージアプリを使って相手側へメッセージを送信できます。遅刻している時など、電話を切るだけだと相手を不安にさせてしまうような状況の時に便利です。

カスタムを選べば、メッセージアプリで自由にメッセージを作成できます。

IMG_0326 - コピー

まとめ

iPhoneがロック中でも、簡単に電話に応対したり、切ったりすることができます。iPhoneにはその他にも、「あとで通知」や「メッセージを送信」など便利な機能があるので、活用してみましょう。