その他のコラム一覧

2018年07月02日

iPhoneの使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhone(アイフォーン)VIPフォルダとは?使い方の基本知識

iPhone(アイフォーン)VIPフォルダとは?使い方の基本知識

こんにちは、アイリメーカー渋谷本店です。

iPhoneのメールアプリからメールのやり取りをしているという人も少なくはないのではないでしょうか。メールの使い方は人それぞれですが、中にはプライベートと仕事の両方で使っているという場合もあるかもしれません。

そういった場合、プライベートで登録しているメールマガジンや、日々送られてくる各キャリアからのお知らせメール、仕事で使う重要なメールが全て一緒になってしまいます。そうなると重要なメールを見落としてしまうことにもなりかねません。

そこでiPhoneには、重要なメールを別途表示できる「VIPフォルダ」というものが存在するのです。今回はiPhoneのVIPフォルダの使い方をご紹介します。

VIPフォルダの下準備

iPhoneのメールアプリでVIPフォルダを利用するためには、VIPリストを作成しなければなりません。リストを作成するとなると難しそうに感じますが、決して難しくはありません。手順に沿って見ていきましょう。

まずメールアプリを開いてください。すると「受信箱」などのメールフォルダが並んでいます。この一覧に「VIPフォルダ」がない場合は、画面右上の「編集」をタップします。

VIP (3)

今まで表示されていなかったフォルダが現れるので、その中から「VIP」を探してタップします。その後、右上の「完了」をタップすれば、一覧に「VIP」が表示されているはずです。

VIP (1)

VIP (2)

VIPリストの作成方法

VIPフォルダが表示できたら、いよいよVIPリストを作成していきます。まず先ほど表示させたVIPフォルダをタップします。すると以下のような画面になるので、「VIPに追加」をタップします。

VIP (4)

連絡先一覧が表示されるので、VIPリストに追加したい人をタップします。これでVIPリストに追加されます。もし続けて追加したい場合は、VIPリスト画面にある「VIPを追加」をタップすれば、再度連絡先が表示されます。

VIP (6)

これでVIPリストに追加した人からのメールは、全てVIPフォルダに振り分けられるので、見落とす心配がありません。

VIP通知でさらに使いやすく

VIPリストを作成すれば、メールが自動的にVIPフォルダに振り分けられるので、メールを見落とす心配もなくなりますが、このVIPフォルダの難点はメールアプリを開かなければ、メールが着ていることを確認できない点です。

しかし、VIPフォルダにはVIP通知という機能もあり、この機能を使うことでさらに使いやすくなります。

アプリにはそれぞれ通知機能があり、通知の方法は通知音を設定することができますが、基本的には1つのアプリで共通の設定となるため、1つのアプリ内で複数の通知音を設定することはできません。(アプリによってはできるものもあります。)

メールアプリに関しては、通常のメールの受信時とは別に、VIPリストに登録した人からの受信時も通知音を設定できます。設定方法は、VIPリストにある「VIP通知」をタップします。

VIP (7)

すると通知の設定画面に移動します。

アプリが並んでいるので、その中からメールアプリを探してタップしましょう。メールの通知設定画面には「Eメール」の下に「VIP」があります。このVIPをタップすることで通知の方法を設定することができます。

VIP (8)

こうすることでVIPリストに登録した人からのメールは、通知音の違いでも判断することができるようになり、さらに見落としがなくなります。

ただし当然のことながら「Eメール」と「VIP」の通知音を同じものに設定してしまうと意味をなさなくなってしまうので、両方の設定を確認しておいてください。

まとめ

iPhoneのメールアプリの便利機能「VIPフォルダ」についてご紹介しました。メールアプリを頻繁に利用する人は、様々なメールが混在してしまうことに頭を抱えていたかもしれません。

そういった場合には非常に使いやすい機能といえます。仕事において欠かすことのできないメール。VIPフォルダをうまく活用して、さらに便利に使ってみてはいかがでしょうか。