i+Remaker Channel

i+Remaker

初心者は知っておきたいiPhoneのポートレートモードとは? | iPhone修理のi+Remaker

0120-810-084 受付時間10:00~19:00(365日対応)

2018年07月03日

iPhone小ネタ・裏ワザ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初心者は知っておきたいiPhoneのポートレートモードとは?

初心者は知っておきたいiPhoneのポートレートモードとは?

こんにちは、アイリメーカー渋谷本店です。

iPhoneの一部のモデルのカメラには、「ポートレートモード」といって写真をよりキレイに見せる機能が備わっています。今回は「ポートレートモード」の魅力についてまとめました。

ポートレートモードとは

ポートレートモードを簡単に説明すると、この写真のように手前にあるものを写すと周囲をぼかして撮影され、より味のある写真に仕上がる機能のことを指します。本格派カメラの一眼レフで撮った写真のように、キレイで味のある写真がiPhoneで撮影できるというわけです。

ポートレートモードが使える機種

ポートレートモードが使えるiPhoneの機種は、2017年10月現在の機種では、デュアルカメラが搭載されているiPhone7 PlusとiPhone8 Plusの2機種です。

いずれの機種も、iPhoneを最新のバージョンのiOSにアップデートしておいてください。

ポートレートモードで写真を撮る方法

ここでは、ポートレートモードで写真を撮影する方法をお伝えします。iPhone7 Plusでも、iPhone8 Plusでもポートレートモードで写真を撮る方法は同じで、とても簡単です。

1.カメラAppを開きます。(カメラのマーク)

2.iPhoneの画面をスワイプして、「ポートレートモード」というモードに切り替えます。

3.黄色いポートレートボックスを探します。

4.丸いシャッターボタンを押します。

この4つの簡単な動作で、美しい写真を撮ることができます。また、被写体との距離が適切でない場合や周囲が暗すぎる場合はiPhoneが教えてくれるので、難しい技術は必要ありません。

フラッシュを使用したり、タイマーを設定して撮影したり、カメラフィルタを使うことも可能です。

ポートレートモードのエフェクトを削除する方法

ポートレートモードで撮影したけれど、後から見直してやっぱり普通の写真にしたい!と思ったときも簡単にエフェクトを削除することができます。

1.ポートレートモードのエフェクトを削除する写真を選択します。

2.「編集」をタップします。

3.画面の上部にでてくる「ポートレート」をタップします。

この3つの動作で簡単にポートレートモードのエフェクトを解除して、普通の写真に戻すことができます。また、やっぱりこのポートレートモードのエフェクトを解除した写真を、再びポートレートモードのエフェクトをかけた写真に戻したいと思ったときも、同じ1〜3の動作をすることでポートレートモードに戻すことが可能です。

ポートレートライティング機能を使う方法

2017年10月現在では、iPhone8 Plus限定の機能となりますが、「ポートレートライティング」という機能を使うことも可能です。

ポートレートライティング機能は、スタジオで撮影したかのような4種類の照明エフェクトをポートレートモードの写真に適応できる機能です。

1.編集したい写真を選択します。

2.「編集」をタップします。

3.iPhoneの画面をスワイプして照明エフェクトを選択します。

4.「完了」をタップします。

この4つの動作で簡単にポートレートライティング機能を使用することができます。4つの照明とは【顔の造作を明るく照らすスタジオ照明】【明るさの強弱を付けて印象的な陰影を作る輪郭強調照明】【被写体だけにスポットライトを当てるステージ照明】【古典的なモノクロ表示のステージ照明 (モノ)】の4種類から選ぶことができます。

カメラ初心者こそポートレートモードを使用しよう

カメラのことなんてわからない!という方や、きれいな写真を撮りたいけどどうすればいいかわからない!という方は、ポートレートモードを使用しましょう。印象的で魅力的で美しい写真を簡単に撮ることができますよ。