i+Remaker Channel

i+Remaker

iPhone基本操作!Apple IDパスワードを忘れた時の対応方法 | iPhone買取・修理のi+Remaker

0120-810-084 受付時間10:00~19:00(365日対応)

2018年09月02日

iPhoneの使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhone基本操作!Apple IDパスワードを忘れた時の対応方法

aegcye9910

こんにちは、アイリメーカー渋谷本店です。

iPhone(アイフォーン)を使用する上で欠かせないのがApple IDとそのパスワードです。Apple StoreやApple Music、iCloudなどAppleのサービスを利用するのに入力が必要になります。

ただし、iPhone5S以降、指紋認証を利用したTouch IDを使うユーザーの方が増えて、いざApple IDパスワードの入力が求められて、「メールアドレスのApple IDはわかってもパスワードがわからない」というトラブルが増えています。そこで今回はApple IDパスワードを忘れてしまった時の対応方法をわかりやすくご紹介します。

Apple IDパスワードの確認方法

Apple IDパスワードを忘れてしまった場合、新しいパスワードを設定する必要があります。新しいパスワードにリセットする手順は2ファクタ認証※を有効にしているかどうかで異なります。

※2ファクタ認証は、Appleが導入している不正アクセス防止用の認証システムです。他人に万が一パスワードが漏れても、本人以外のアクセスを防止できるので、セキュリティ強化のためにも有効にしておくことをおすすめします。2ファクタ認証が有効になっているかどうかは、iPhoneで簡単に確認できます。

1.設定画面を開いて、画面上部のApple IDをタップします。

IMG_0252

2.「パスワードとセキュリティ」の部分をタップします。

IMG_0268

3.「2ファクタ認証」の部分が「オン」になっていれば、次の「2ファクタ認証でApple IDパスワードをリセットする方法」の見出しで紹介する方法でパスワードをリセットできます。

「オフ』になっている場合は、下の「メールアドレスでApple IDパスワードをリセットする方法」の見出しを参考にパスワードをリセットしましょう。

IMG_0269

2ファクタ認証でApple IDパスワードをリセットする方法

1.設定画面を開いて、「iTunes StoreとApp Store」をタップします。

IMG_0251

2.自分のApple IDをタップすると表示される選択肢の中から「iForgot」をタップします。

IMG_0253

3.iCloudにサインインしていてパスコードが分かる場合、パスコードの入力だけで、新しいパスワードの設定ができます。

IMG_0254

4.パスコードを設定していない場合や、パスコードがわからない場合は、登録している電話番号を入力して「次へ」をタップします。そうすると登録している電話番号へ確認コードがメッセージで送信されるので、確認して入力します。

IMG_0261

最後に新しいパスワードを入力すれば、設定完了です。

IMG_0275

メールアドレスでApple IDパスワードをリセットする方法

2ファクタ認証が有効になっていない場合、登録しているメールアドレスからApp IDパスワードをリセットできます。

1.設定画面を開いて、「iTunes StoreとApp Store」をタップします。

IMG_0251

2.自分のApple IDをタップすると表示される選択肢の中から「iForgot」をタップします。

IMG_0253

3.Apple IDを入力して「次へ」をタップします。

IMG_0272

4.リセットオプションの2つの選択肢から、「メールを受け取る」をタップします。そうするとあらかじめ登録していたメールアドレスに確認コードが送信されるので、届いたコードを入力します。

IMG_0273

5.新しいApp IDパスワードを入力すればリセット完了です。

IMG_0275

App IDパスワードを忘れないように気をつけよう!

Touch IDを使用するようになって、普段は指紋認証でアプリをダウンロードできたりと便利ですが、いざという時に「Apple IDパスワードを忘れてしまった」という方も多いです。今回ご紹介した方法でApp IDパスワードをリセットすることはできますが、一度リセットすると以前のパスワードは1年間使用できなくなります。

何度もパスワードを変えると、どんどん覚えるのが大変になってきます。Apple IDパスワードをどこかメモしたりして、忘れてもリセットしないで済むように工夫しておきましょう。