i+Remaker Channel

i+Remaker

iPhone急速充電とは?意味や内容を徹底解説 | iPhone修理のi+Remaker

0120-810-084 受付時間10:00~19:00(365日対応)

2018年09月10日

iPhone小ネタ・裏ワザ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhone急速充電とは?意味や内容を徹底解説

addaw9900

こんにちは、アイリメーカー渋谷本店です。

急ぎのときや外出先に限ってバッテリーが赤になっている、なんてことはありませんか。iPhone(アイフォーン)はバッテリーの消耗が激しいので、いざというとき使えないといことも珍しくありません。iPhoneの充電はできるだけスマートに手早く行いたいものです。

ここのところAndroid端末では急速充電を目玉に据えた機種も増えて来ました。iPhoneも以前よりはスピーディな充電ができるようになっていますが、それでももっと急速充電できないかと感じている人が多いはずです。

iPhoneの急速充電で大切なことは、端末本体の性能もさることながら充電で使用するLightningケーブルや充電器の選び方もポイントです。どんなに最新型で急速充電に対応しているモデルを使っていても、充電する際のケーブルや充電器のせいで十分な充電速度を維持できないことがあるからです。

急速充電するために必要な基礎知識

iPhoneの充電に購入時に付属しているLightningケーブルとUSB充電器をそのまま使っている人は多いはずです。電源完備のコーヒーショップやファストフードの店内でiPhoneの充電をしながら過ごしている人のコンセントを見ると、標準で付いてくる白色で正方形のUSB充電器を使っているのをよく見かけます。

ただ、iPhoneの急速充電をさらにスピードアップするなら、付属の充電ケーブルや充電器では性能が不足することが多いので注意しなければなりません。

ここで充電の速度は何で決まるのかを押さえておきましょう。iPhoneをはじめスマートフォンの充電スピードは電流(A:アンペア)と電圧(V:ボルト)が大きければ大きいほど早くなります。

もちろん、iPhoneの充電性能を超えるような大きな電流や電圧を使うことは故障を防ぐためにも避けなければなりません。市販の充電ケーブルや充電器で自分が使っているiPhoneのモデルに対応しているものならまずその心配はないので安心です。

iPhoneの充電関係でチェックすべき数字は1と2.4

市販されている充電ケーブルと充電器のパッケージに記載の仕様を確認すると、必ずその商品の性能が数字で表されています。iPhoneに付属していたり安価な値段で売られている充電ケーブルや充電器の大半は電流が最大出力1A(1アンペア)のものです。今使っている充電ケーブルが急速充電に対応しているかどうかはiPhoneの設定画面から簡単にチェックすることができます。

もし、1Aのケーブルだとわかったら、ぜひ2.4Aのものに代えてみてください。急速充電を謳う充電ケーブルや充電器はたいてい最大出力2.4Aです。それでは、1と2.4でどのくらいの差があるのでしょうか。たとえばiPhoneのバッテリーが20%の状態から80%まで充電を回復しようとすると、最大出力1Aならおよそ180分程度かかりますが、2.4Aを使えばたった70分にまで短縮できます。

これまでより1/3の時間で充電できるのに驚く声も上がりそうです。もし外出先でバッテリー表示が赤になってから電源のあるお店に入って約1時間で8割も充電できるならとても便利ですよね。

充電器はポート数に注意

充電器を選ぶ際に気をつけなければならないのは電流の最大出力とともにポート数です。もし、ポートが1つの2.4Aの充電器で充電するなら最大出力2.4Aを丸々使って充電できます。

しかし、ポートが2つ、3つと増えて同時に他のスマートフォンやタブレットも充電しようとすると、電流が分散されてしまうので充電速度が遅くなってしまいます。

急速充電をするための対策としては、先に充電したい端末からつなぐ、または同じ充電器を2つ用意して端末ごとに別々に充電するなど、工夫するようおすすめします。

まとめ

家電量販店や携帯ショップに行くと、急速充電に対応した充電ケーブルや充電器がたくさん並ぶようになりました。もし充電速度で悩んでいるのなら、ぜひ使用しているiPhoneに対応した急速充電のケーブルや充電器を試してみてください。