その他のコラム一覧

2018年09月08日

その他

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhone(アイフォーン)電話(通話記録)の録音方法

rec

こんにちは、アイリメーカー渋谷本店です。

iPhoneを使って通話していると、「あれ、さっき電話で何を話したっけ??」と通話内容を忘れてしまうことありませんか?メモをとっておけばよかったのに!と後悔することもありますよね。普段の友人や家族との会話ならともかく、お仕事の内容だったら、相手に聞き返すことも難しいですし。

そんなとき、通話内容が録音できたらと思うことがあると思います。そんな要望に応えてくれる通話録音アプリがあることをご存知でしたか?今回は、とっても便利な通話録音アプリをご紹介したいと思います!

アプリの探し方

まずはホーム画面の「App Store」をタップしましょう。すると、iPhoneで使えるアプリがたくさん検索できます。検索窓に、「通話 録音」とでも入力してみましょう!

すると、通話を録音できるアプリがずらりと並びます。この中から、自分に合っていそうなアプリをインストールすればよいのです。でもいっぱいあり過ぎて、どれがいいかわからない…という方は多いかと思います。そこで、おすすめの通話録音アプリをご紹介しますね!

TapeACall

・Lite版
TapeACall Liteは、TapeACallというアプリの無料版になります。
IMG_1092
このアプリでは、通話の最中に録音ボタンを押すだけで録音をはじめることができます。また、録音した内容はmp3ファイルにしてメールで送信することもできる優れものです。

録音したデータは、一年間はクラウドに保存されることになります。録音時間は制限がないことにはなっていますが、ただし60秒を越える場合には課金が必要になります。通話全体を録音するような場合には、課金が必要となるでしょう。

録音データにはラベルをつけることができて便利です。通話中に、大事なところだけ一部を録音したいという場合には、このアプリがおすすめです。

・Pro版
TapeACall Proは、TapeACallの有料版です。
IMG_1091
有料ですが、一度料金を支払えば、あとは通話時間を気にせず録音することができます。

Lite版では、課金しないかぎり通話の一部しか録音できません。通話全体を録音したいなら、pro版を使用するのがおすすめです。

pro版は録音時間だけでなく、録音件数にも制限がありません。通話内容全体を気兼ねなく録音できますので、有料ではありますがお仕事や大事な取引などのお電話をされる場合にはおすすめのアプリです。

買い切りのお値段は、1200円です。(ただし料金は変更される可能性もあります)

コールレコーダー IntCall

コールレコーダー IntCallも、人気の通話録音アプリです。
IMG_1090
通話の全会話を録音することができるのが特徴です。

インストールは無料ですが、通話ごとに料金がかかる設定になっています。録音記録は、いったん開発会社のサーバーに保存されます。(もちろんネット上にアップロードされたりはしませんので安心してください)

通話する際には、インターネット接続が良好である必要がありますが、地下鉄やエレベーター内などの限られた空間でなければ、さほど気にする必要はありません。

発信するときはアプリから電話をかけ、着信するときにはアプリを開いて録音ボタンを押せば録音できます。

それをiPhoneにダウンロードする形になります。iPhoneで再生することができますし、メール送信もできます。iTunesやPCと同期させることも可能です。

まとめ

通話の録音は、なんの話をしたか忘れてしまうことへの対策だけでなく、仕事や取引などでのトラブル対策にもなります。大事なところだけを録音するという使い方もできますし、通話をまるごと録音することもできます。

忘れ防止のためだけでなく、普段会えない大切な人との会話を何気なく録音してみるのもいいでしょう。遠距離でなかなか会えず電話もあまりできない恋人同士でこのアプリを使ってみるのもおすすめです!

通話の使い方に合わせて、どの録音アプリがいいか検討してみてくださいね!