i+Remaker Channel

2017年05月17日

その他

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhoneを売る時や下取りをする時に初期化する方法

syokika4

こんにちは、アイリメーカーボーノ相模大野店です。

不要になったiPhoneを売りたいこと、ありますよね。新しいiPhoneにしたいときなど、捨てるのはもったいないですので、中古品としてオークションに売ったり、中古で下取りに出したりする方も多くなっています。

そんなとき、iPhoneを初期化して中身を空にしておかないといけません。売るときだけでなく、iPhoneの動作がおかしくなってしまったときにも、初期化して工場出荷時の状態に戻す必要がある場合があります。

メーカーのサポートを受ける場合には、初期化するようにメーカーからお願いされることがあります。というのも、iPhoneには個人情報が入っていますので、こうしたケースでは初期化してまっさらな状態にしておくことが必要なのです。そこで今回は、iPhoneの初期化方法と注意点についてご紹介したいと思います。

初期化ってなに?

初期化についてご存知ない方も多いかと思いますので、ご説明します。初期化とはつまり、iPhoneに記憶された情報を削除して、工場出荷時のときと同じ状態に戻すことをいいます。リセットという言い方をすることもあります。この初期化を行うことで、iPhoneのなかに記憶された情報は、すべて削除されます。

撮影した写真や動画などのデータはもちろん削除されます。それだけでなく、インストールしたアプリのデータも削除されます。さらに、GmailやSNSを使っている方は、iPhoneのなかに、アカウント情報が入っている場合があります。こうした情報もすべて、削除されることになります。なにげなく使用しているiPhoneですが、あなたの情報がiPhoneのなかに知らないあいだに記憶されています。

初期化の手順

iPhoneの初期化は、iPhoneの設定画面から行うことができます。
意外とカンタンな操作ですので、その流れをご紹介します。

まずはiPhoneのトップ画面の、「設定」のアイコンをタップしましょう。
(赤い枠線で囲ってあるおなじみのアイコンです)

syokika0

すると、このように、設定画面に入ることができます。
設定画面の中に、さらに「一般」というメニューがありますので、ここをタップしましょう。

syokika1

お次は、一般メニューのなかの、下部に「リセット」というメニューがありますので、ここをタップしてください。

syokika2

そうすると、このように、「すべてのコンテンツと設定を消去」というメニューがありますので、こちらをタップ。

syokika3

すると、「iPhoneを消去」という選択ボタンが出ますので、こちらをタップしてください。

syokika4

さらに、もういちど、確認のために「本当に続けますか?」と聞かれますので、再度「iPhoneを消去」を押してください。

syokika5

そうすると、このようにApple IDパスワードを尋ねられます。

syokika6

ここで正しくパスワードを入力して、最後に「消去」ボタンをタップしてください。

これで、初期化が完了します。
iPhoneは、もとの工場集荷時の状態に戻ったことになります。

いかがでしたでしょうか?
かなりカンタンな操作ですので、間違えることはないと思います。

注意点

初期化すると、データは消えてしまいます。初期化した後は、もとに戻すことはできません。ですので、初期化する前にデータのバックアップをとっておきましょう。バックアップとはつまり、データを別のメモリに残しておくことです。バックアップさえとっておけば、以前の状態に戻すことができます。

方法としては、iCloudにバックアップしたり、あるいはパソコンやその他の外部メモリなどにデータを移行させておく方法があります。初期化する前に、データがきちんと別の場所に保存されているかどうか、まえもって確めておきましょう。

まとめ

今回は、iPhoneの初期化方法についてご紹介しました。意外とカンタンですよね。みなさんも、万が一iPhoneの調子がわるくなったときや、中古で下取りに出すときなど、この方法を実行してみてください。初期化しないまま他人にiPhoneを手渡してしまうと、あなたの個人情報が漏洩してしまうおそれがあります。必ず初期化をお忘れなく!