i+Remaker Channel

2017年10月01日

iPhone小ネタ・裏ワザ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SIMフリーiPhoneの注目される理由やメリット・デメリット

simfree

こんにちは、アイリメーカーボーノ相模大野店です。

ずいぶんと市民権を得てきたSIMフリースマホ。docomoやau、ソフトバンクのような大手キャリアではなくiPhone端末だけ購入して格安SIM会社と契約している人も珍しくなくなりました。SIMフリースマホのメインストリームはAndroidの印象が強いのですが、もちろんiPhoneだって使えます。ここではリーズナブルに使えて便利なSIMフリーiPhoneのメリットとデメリット、そして格安SIMの上手な使い方をご紹介します。

SIMフリーiPhoneが注目されるようになった理由

SIMフリーiPhoneが注目されるようになったのは、iPhone SEの登場の頃からです。iPhone5SからiPhone7の登場まで、ハイスペックを追い求めるコアなiPhoneユーザーには魅力的なラインナップが続きました。一方で、基本的な機能さえ使えれば良いというライトユーザーには高価なiPhoneをそのまま機種変更して使い続けるか悩み所だったからです。

そんなとき登場したiPhone SEはiPhoneシリーズの中でも安価なのに加えて格安SIMが使えるSIMフリーiPhoneだったことから、月々の通信費を抑えたいニーズに真正面から応えるものでした。もちろんハイエンドなスペックが欲しい人には最新モデルならSIMフリーになっています。具体的なSIMフリーiPhoneのメリットとは次のようなものです。

SIMフリーiPhoneのメリット

まず、自分が好きな携帯会社を選べます。それまでdocomoでiPhoneを使っていた人でも、料金プランを検討してリーズナブルな格安SIM会社に乗り換えることが可能になりました。大手キャリアの料金プランは競争が激しくなった現在、少しずつ下がっていて、格安SIM会社との差が縮まっています。しかし、自分の好みの携帯会社をフリーに選べるのは、通信エリアや料金の見直しにおいて大いに効果を発揮するはずです。

とくに、格安SIM会社のサービスが充実してきたため、値段でいえば圧倒的に格安SIMが有利となっています。月額1000円前後からiPhoneが使えるため、大手キャリアで1万円近く支払っている人ならビックリするかもしれません。

しかも、050電話アプリや通話アプリを通して電話をすると通話料が大幅に安くなるサービスも登場しています。アプリを立ち上げなければならないので手間は掛かりますが、格安SIMの通話は高いという以前のイメージは変わりつつります。

SIMフリーiPhoneが一番活躍する場所、それは海外旅行先かもしれません。空港やホテルで販売しているSIMカードを購入すれば、すぐに手持ちのiPhoneを使って現地でネットや通話が利用できます。大手キャリアのローミングサービスを使うと驚くほどの通話料やパケット代金が請求されるので、海外によく出かける人には非常に魅力的です。

SIMフリーiPhoneのデメリット

大手キャリアからiPhoneを買わないという選択をする段階で、iPhoneをはじめガジェットと親しんでいるのではないでしょうか。SIMフリーiPhoneの場合、通常なら携帯ショップで一通りやってもらえる初期設定を自分で行う必要があります。といっても設定画面から契約した携帯会社を選択したり、パスワードの設定をするといった基本的な操作なので、それほど障害にはならないはずです。携帯ショップならレジの店員が挿入してくれるSIMカードも、説明書の通りに取り付ければ簡単に終わります。

格安SIMでSIMフリーiPhoneを使いたい場合は、docomoやau、ソフトバンクから独自に与えられるキャリアメールが利用できません。キャリアメールとは「@docomo.ne.jp」「@ezweb.ne.jp」「@softbank.ne.jp」のメールアドレスを指します。

ですが、最近はメールのやりとりではなくLINEやFacebookのメッセンジャーがメインな人が増えているので、それほど困らないのではないでしょうか。いざとなれば携帯番号を使ったショートメッセージが使えます。

まとめ

SIMフリーiPhoneのメリットとデメリットをご紹介しましたが、実際にはそれほど大きな弱点はないと感じます。多少自分で設定操作をしたり、修理の申し込みが面倒といったぐらいでしょうか。大手キャリアの安心感を取るのか、格安SIMのリーズナブルな料金プランを取るのか、ワークスタイルなどを含めて検討してみてください。