その他のコラム一覧

2019年09月24日

その他

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ギガ不足】iPhoneの通信量の節約方法

bijie-2233295_1280

iPhoneは通信速度が早く、多彩な機能を使える反面ギガ不足になってしまうことが多いです。通常なら、Wi-Fiを利用して通信量を節約しますが、状況によっては回線を契約していない・ルーターすら持っていないという場合もあるでしょう。

今回は、そんな人のためにiPhoneの通信量を節約する方法について詳しく解説していきます。

いつも通信量がオーバーしてギガ不足になってしまう…

「動画やSNSを見ていたら、いつの間にか通信制限になってしまった」「公衆Wi-Fi等に繋いで何とかしのいでいるけど、どうしてもギガ不足になってしまう…」iPhoneユーザーなら、誰しもこのような経験をしたことがあるはずです。
動画やSNS、ネットを楽しもうとしても通信量を気にしすぎて、かえって楽しめなくなってしまう…なんてことは嫌ですよね。

ですが、実はある方法を使えばiPhoneの通信量を大幅に節約出来るって知っていましたか?
この方法を使えば、通信制限になるリスクを少しでも防ぐことが出来ます。

下記で詳しく解説していますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

iPhoneの通信量を節約する方法3選

iPhoneの通信量を節約する方法は、大まかに分けて3つあります。

位置情報をオフにする

iPhoneの通信量を節約するなら、まずは「位置情報サービス」をすべてオフにしましょう。

位置情報サービスと言うと、目的地にたどり着きたい時に使うイメージがありますが、実際はかなりギガを消費しています。
また、位置情報サービスは基本的にデータ通信となっており、常時オンにしてしまうと使っていない間でもギガを消費してしまうのです。

そのまま放置してしまうと、通信制限になってしまうので通信量を節約したいなら位置情報をオフにしておきましょう。
オフのやり方は、以下の通りです。

  1. 「設定」を開く
  2. 「プライバシー」をタップし、「位置情報サービス」を開く
  3. 「許可しない」または「使用中のみ」を選択する

常時オンになっている場合は「常に許可」という表示になっているはずです。この状態だと、使っていない間でもデータ通信で位置情報サービスが起動している証拠になるので、少しでも通信量を節約したいならオフにしておきましょう。

モバイルデータ通信をオフにする

次に、モバイルデータ通信をオフにしておきましょう。

アプリごとに設定されていたり、App StoreやiTunesStoreの自動ダウンロード・更新をする際に使われている機能です。
これをオンにしておくと、触っていない間でもギガを消費してしまうので注意しましょう。

アプリごとに設定したい場合は、「設定」→「モバイルデータ通信」の順で開き、あとはアプリ一覧からオフにするだけで完了です。(動画アプリやSNS、広告表示されるゲームアプリなどはオフにしておきましょう。)

App StoreやiTunesStoreの設定は、「設定」→アカウントをタップ→「iTunesとApp Store」→自動ダウンロードの項目に並んでいるアプリからオフにしたいものを選ぶ、これで自動ダウンロードをしてギガを食うリスクを減らうことが出来ます。

公衆Wi-Fiを使う

家にWi-Fiルーターがない、回線を契約していない…そんな場合は公衆Wi-Fiを使ってみるのもいいでしょう。

ファミレスやファストフード店、コンビニ、ネカフェなどでは公衆Wi-Fiが設置されていることが多いです。少しでも通信量を節約するなら、公衆Wi-Fiを活用してみるといいでしょう。

ただし、地域や店舗によって公衆Wi-Fiが導入されていない・データが漏洩する危険性があるなどデメリットもあります。後者の場合、保護されていないWi-Fiを使った時に漏洩してしまうといったことがありますので、なるべくなら保護マーク(Wi-Fiの横に鍵マークがついているもの)のものを利用しましょう。

通信量をより節約するなら、通信量確認アプリを使うのもあり

色々な設定をしてみたけど、本当に節約出来るか不安という場合は通信量確認アプリを使ってみるのもいいでしょう。

通信量確認アプリをインストールして、ホーム画面ウィジェットとして貼れば1日あたりどれくらいのギガを消費しているかを直接確かめることが出来ます。
無料でインストール出来るものがほとんどなので、可視化したい人におすすめです。

まとめ

今回は、通信量を節約する方法について解説していきました。

モバイルデータ通信をオフにしておく、位置情報サービスをオフにしておく、公衆Wi-Fiを使うなど対策していけば通信制限になるリスクを少しでも減らすことが出来ます。分かりやすく節約するなら、通信量確認アプリを使ってみるのもいいかもしれません。
ぜひ試してみてくださいね。