その他のコラム一覧

2019年06月28日

iPhoneの使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AirDropの使い方と注意点

bisxfble-2690295_1280

iPhone同士であれば、気軽に画像を送信出来る「AirDrop」機能。

しかし、実際どうやって使えばいいのか分からない/他人のiPhoneと繋がって変な画像が送られたらどうしよう…このような不安を抱いている人も少なくありません。今回は、そんな人に向けてAirDropの使い方や使用する際の注意点などについて詳しく解説していきます。

AirDropとは?

AirDropとは、iOS7以降に実装された機能です。iPhone同士であれば、画像・動画・URL・位置情報などを送付することが出来ます。
また、容量も無制限なので重い動画や画像を送る際にも使えるのが特徴的です。

Wi-FiとBluetoothがオンになっていて、なおかつ送信したい相手が近くにいれば簡単に画像などを送ることが出来ます。ぱぱっと写真を送りたい時に大活躍する機能なので、ぜひ使ってみてくださいね。

AirDropの使い方

それでは、AirDropの基本的な使い方を見ていきましょう。※今回は、iPhone8での手順をご紹介していきます。

まず、AirDropを使う際は画面下からコントロールパネルをスワイプして出しましょう。
コントロールパネル左上にあるグループ(Wi-FiやBluetooth、飛行機モードなどが搭載されているところ)を強く長押しすると、「AirDrop」の画面が出てきます。(指紋認証みたいなマークが、AirDropです)

AirDropをタップすると、「受信しない」「連絡先のみ」「すべての人」という3つの項目が出てきます。

知人にのみ送りたい場合は、「連絡先のみ」をタップしましょう。ただし、相手のメールアドレスや電話番号が登録されていない場合、AirDropでデータを送れないので注意してください。

次に、送りたい画像や動画がある場合、「写真」アプリに移動します。
画像の左下にある「共有」ボタンを押し、近くにいる相手のアイコンが表示されたら、タップします。

これでデータの送信が完了します。

相手に写真が送られると、受け入れるまでやや時間がかかります。相手が画像を承認したときには、こちらの画面では「送信済み」と出てくるのでよく確認しておきましょう。

AirDropを使うときの注意点

AirDropはかなり便利な機能ですが、一方で注意点もあります。

まずは、利用できる環境です。

  • Wi-FiとBluetoothがオンになっている
  • 送る相手が近く(9m以内)にいること
  • インターネット共有がオフになっている

送る側、受け取る側どちらもWi-FiとBluetoothをオンにしていて、インターネット共有をオフにしている・9m以内にいることが条件になっているため注意しましょう。

次に、対応OSです。
AirDropはiOS7以前の端末で使うことは出来ません。自分の端末のOSは大丈夫かどうか確認しておきましょう。

【番外編】AirDropテロとは?

AirDropはiPhone同士で気軽にデータを送れる一方、その機能を利用した悪質な行為も行われることがあります。それが「AirDropテロ」です。

AirDropテロとは、簡単に説明すると「見知らぬ人にAirDropの機能を利用して、わいせつな画像や不快な画像を送る行為」を指します。スマホをいじっている時に、急に変な画像が送られてきたら誰だって嫌ですよね。

AirDropテロ被害を回避するためにも、受信しないように設定しておきましょう。コントロールパネルを開き、左上のグループを強く長押しすると、AirDropが表示されます。AirDropのアイコンをタッチしたら、「受信しない」というタブが出てきますので、AirDropテロ被害に合わないためにもタッチしておきましょう。

まとめ

今回は、AirDropの使い方や注意点について解説していきました。

AirDropは便利な機能ですが、設定をそのままにしているとAirDropテロ被害に合うかもしれません。身内だけでやり取りをしたい場合は、事前に設定を変更しておきましょう。