その他のコラム一覧

2019年05月25日

iPhoneの使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【iPhone初心者向け】削除してしまった文章を復活させる方法

bible-2690295_1280

「メールで長い文章を打ってたけど、間違えて消しちゃった!」「もう一度打つのは正直めんどくさい…」iPhoneを使っていると、このような場面に遭遇した経験もあるかと思います。

しかし、そこで諦めるのはもったいない!実はあることをすれば、間違って文章を削除しても復活させることが出来るのです。
今回は、削除してしまった文章を復活させる方法について詳しく解説していきます。

文章を削除しても、iPhoneを〇〇すれば復活可能!

iPhoneで間違って文章を削除しても、iPhoneを横に振るだけで簡単に復活させることが出来るのです。

やり方はとても簡単。
文章を誤って消した際に、iPhoneを横に振ります。すると「取り消す-入力」といった表示が出てきます。取り消すボタンを押せば、誤って削除をしてもすぐに復活させることが出来るのです。

筆者も実際に試してみましたが、かなり便利です。文章に関しては、選択・未選択の状態で消しても、どちらも復活させることが出来ます。また、LINEやメール・Twitter、Instagramなど一通り使いこなせます。

ただし、あくまで一つ前に消してしまった文章を復活させるだけなので、それ以前のものは表示されませんので注意してください。

横に振る際は、やや強めにするのがおすすめです。(ただし、あまり強すぎるとiPhoneが飛んでいってしまうので注意してください。)長い文章でも復活させることが出来ますので、誤って削除してしまった際にぜひ使ってみてくださいね。

選択肢が出てくるのがうっとおしい場合は、設定でオフに可能

ただ、人によってはiPhoneを横に振るごとに選択肢が出てくるのにうっとおしさを感じるかと思います。そういった場合は、設定でこの機能をオフにしておくことも可能です。

設定の手順は、以下の通りです。

  1. 「設定」を開く
  2. 「一般」をタップし、スクロール下にある「アクセシビリティ」をタップ
  3. 「シェイクで取り消し」をオフにする

たったこれだけです。
誤動作等で取り消し表示が出てきて、うっとおしいという場合は上記の手順で設定をオフにしておくといいでしょう。

【番外編】大事なメモや文章が消えた場合の対処法

「文章だけじゃなく、大事なメモなどが全て消えた場合はどうすればいいの?」このように疑問に思っている人もいるでしょう。残念ですが、全てのメモや文章を上記の方法で復活させるのは難しいです。

しかし、様々な手を尽くせば、全て復元させることは可能です。

まず、基本的にiPhoneに保存されているメモは一回削除しただけでは消えません。写真と同じように、「最近削除した項目」というタブがあります。この「最近削除した項目」はメモ一覧画面左上にある「<」マークをタップすると確認できます。削除してから30日間はそちらにある可能性が高いので、焦らずにまずは確認をしてみましょう。

また、iCloudやiTunesなどにも保存されている可能性が高いので、こちらも確認をしてみましょう。
iCloudの場合は、「設定」→「自身のアカウント」→「iCloud」→「メモ」をオンにすれば復元出来る可能性は高いです。

iTunesの場合は、パソコンとiPhoneをUSBケーブルで同期し、「自動的に同期」という項目のチェックを外します。次に、バックアップの復元というタブをクリックしましょう。※この場合、過去にバックアップしたデータも上書きされてしまうので注意してください。

まとめ

今回は、文章を誤って削除してしまったときの復活方法について解説していきました。

特にコレと言った設定は必要なく、横に振ればすぐに文章を復活させることが出来ます。大切なメールやLINE、メモなどを誤って消してしまったときに役立つのでぜひ参考にしてみてください。また、メモを全て削除してしまった場合の対処法も併せて参考にしてみてください。