スマホ買取(渋谷本店)コラム一覧

2019年05月30日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhoneを買取に出す際の注意点

bible

こんにちは、アイリメーカー渋谷本店です。

iPhoneは、本やCDと違い、比較的高価に売れやすいのが特徴的です。しかし、その分買取に出す前に事前にデータをリセットしたり、SIMカードを抜くなど準備もあります。
初めて買取に出す際は、色々と準備に手間取ってしまうかもしれませんが、ここではその中でも重要な項目をご紹介していきます。

その① 端末内の全てのデータをリセット・バックアップ

SIMカードを抜く前に、必ず端末内の全てのデータをリセットしておきましょう。
LINE・Twitter・Instagram・Facebookといった各種アカウントのサインアウト(パスワードは忘れないようにしましょう)、個人の連絡先・画像・ゲーム・動画データのバックアップなど。

全てのデータのバックアップが完了したら、あとは端末をリセットするのみです。リセットの仕方は過去記事で執筆しましたので、よければそちらを参考にしてみてください。

その② SIMカードを抜いておく

次にiPhoneを買取に出す際は、事前にSIMカードを抜いておきましょう。SIMカードとは、簡単に言うと「個人情報が入ったカード」のことを指します。
電話番号やメールアドレス、有線でのインターネット接続など様々なことが出来ますが、逆に言えば個人情報の塊なので悪用されるリスクもあります。

そういったリスクを回避するためにも、買取に出す際はSIMカードを抜いておきましょう。
SIMカードの取り出し方は、意外と簡単です。

まず、iPhoneの場合は端末の側面に小さな穴があいた場所があります。穴の中にピンを入れて、軽く力を入れて押し込めば、スロットが勝手に開くのでSIMカードを取り出すことが出来ます。
SIMピンと呼ばれる専門のアイテムもありますが、ない場合は普通の針金や画鋲(先っぽがシルクハットみたいなやつがおすすめです)、クリップでも代用可能です。

抜き取ったSIMカードは、なくさないように大事に保管しておきましょう。

その③ アクティベーションロックを解除しておく

また、買取に出す際はiPhoneのアクティベーションロックを解除しておきましょう。

アクティベーションロックとは、簡単に言うと「盗難・紛失したときに自動的にかかるロック」のこと。
ロックが掛かった状態になってしまうと、iPhoneの起動が難しくなってしまうため、多くの買取店は「アクティベーションロックを解除する」というチェック項目を設けています。
アクティベーションロックが解除されていないと、買取拒否されてしまうケースもあるので注意してください。

解除の方法は簡単です。AppleIDとパスワードを入力すれば、すぐに解除することが出来ます。
初期化後に解除するのはやや面倒なので、初期化前にやっておくことをおすすめします。

万が一、AppleIDとパスワードを忘れてしまったという場合は、強制解除する他ありません。Appleアカウントを強制的に削除したり、強制解除してくれる業者に頼むと言った方法があります。前者は、サポートの方に電話して問い合わせればAppleIDは削除されます(ただし、すぐに削除してくれると言うわけではありません)。後者は、お金さえ払えば強制的にアクティベーションロックを解除してくれます。

ただし、中には解除後の不具合を保証しない業者もいますので、強制的に解除する際は自己責任でお願いします。

その④ その他の注意点

アクティベーションロックの解除、端末のデータの削除、SIMカードの取り出しの他にも注意点はいくつかあります。

・ネットワーク利用制限の確認
・スマホの汚れ
・動作がスムーズに出来るか
などなど…。

事前にセルフチェックしておくことで、買取査定をスムーズに進めることが出来ます。是非試してみてくださいね。

まとめ

今回は、iPhoneを買取に出す際の注意点について解説していきました。

上記のチェック項目を忘れずにやっていきましょう。