スマホ買取(渋谷本店)コラム一覧

2019年04月11日

よくある質問

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホを買取りに出す前に!初期化(リセット)の方法

80

こんにちは、アイリメーカー渋谷本店です。

「スマホを買取ってもらいたいけど、初期化してないからって買取拒否された…どうして?」「買取してもらいたいけど、初期化の方法が分からない…」

中古スマホをはじめて買取ってもらう際、多くの人が当たりやすいのが「初期化」です。初期化をしていない状態のスマホを買取店に持っていっても、ほぼ100%拒否されてしまいます。また、初期化をしていないと色々とトラブルに巻き込まれてしまうことも…。

今回は、そんな人のためにスマホの初期化方法について解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

スマホを買取に出すなら、事前に初期化を

基本的に、どの買取店でもスマホの初期化を条件としています。

初期化していない状態のスマホを売って、余計なリスクを追わないためにどこのお店でも「必ず初期化するように」と明記されています。初期化をせずに買取店に持っていっても、ほとんど受け付けてもらえません。ですので、中古スマホを売る際は事前にしっかりと初期化をしておきましょう。

初期化をしないとどうなる?

では、スマホを事前に初期化しないとどうなるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

買取拒否をされる

当たり前ですが、ほぼ100%買取拒否をされてしまいます。どの買取店でも、スマホ買取の際の条件に「初期化されていること」という項目が含まれています。
初期化していないスマホを誤って販売してしまうと、元の持ち主の個人情報が何者かに売られてしまう・クレームがつくといったリスクを負ってしまうからです。
買取店側もそういったリスクを負わないよう、買取を希望するお客様に「初期化をするように」という条件を設けているのです。

スマホを高く買取してもらいたいなら、事前に初期化をしておきましょう。

データが漏洩する危険性も

初期化せずスマホを売ってしまうと、今まで使っていたデータが漏洩する危険性もあります。LINEのIDや友人、家族の連絡先、サイトの閲覧履歴や会員情報などなど…。こういった個人情報を削除しておかないと、思わぬところに漏洩してしまうことも。

そうなると後々面倒なので、しっかりと初期化をしておきましょう。
それでは、下記でスマホの初期化方法について解説していきます。

iPhone、Androidによって初期化の手順は異なりますので、注意してくださいね。

スマホ(iPhone・Android)の初期化方法

ここでは、iPhone・Androidそれぞれの初期化方法について解説していきます。

iPhoneの初期化方法

まずは、iPhoneの初期化方法です。

スマホのロックを解除し、「設定」をタップしましょう。
「設定」→「一般」をタップし、下にスクロールしていくと「リセット」という項目があります。

パスコードを入力し、「全てのコンテンツと設定を消去」をタップしましょう。
すると「iPhoneを消去」という項目が出てきます。
確認でもう1回表示され、計2回「iPhoneを消去」という項目が出てきます。

完全に消去するなら、2回タップしましょう。
2回タップし、AppleIDのパスワードを入力したら初期化完了です。

Androidの初期化方法

続いては、Androidの初期化方法です。

Androidをタップし、「設定」→「バックアップとリセット」という項目をタップしましょう。
一番下に「データの初期化」という項目があります。
それをタップすると、「デバイスをリセット」というボタンが出てきます。
タップすると、次の画面で横に書いてある数字の入力を求められます。

入力が完了したら、「すべて消去」というボタンが出てきますのでそれをタップしましょう。
再起動し、「ようこそ」という画面が表示されたらデータはすべて消去されたということです。
これでAndroidの初期化は完了です。

機種によっては微妙に設定が異なりますので、注意してください。

まとめ

今回は、スマホの初期化について解説していきました。
スマホを初期化しないと買取拒否をされたり、データが漏洩してしまうといったこともあります。そういったことを避け、より高く売るためにも事前にデータを消去しておきましょうね。