スマホ買取(渋谷本店)コラム一覧

2019年04月16日

よくある質問

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

画面割れのiPhoneでも買取りできる?

ble-26902951280

こんにちは、アイリメーカー渋谷本店です。

「iPhoneを売りたいけど、画面が割れてて高く買い取ってもらえるか不安…」このように思ったことはありませんか?ネットで検索すると、画面割れのiPhoneは買取を拒否されたり、仮に買取出来たとしても査定金額が低かったりといった記事を見かけることが多いかと思います。今回は、画面割れiPhoneの買取について詳しく解説していきます。

画面割れのiPhoneでも買取可能!

結論から言うと…画面割れのiPhoneでも買取は可能です。
当社運営のアイリメーカーではiPhoneの修理がメインなので、画面が割れた状態でも問題はありません。また、画面割れであっても動作に問題がないなら高価で買取も出来ます。
画面割れのiPhoneを売りたいという場合は、ぜひアイリメーカーをご利用ください。

画面割れのiPhoneを買取に出す際の注意点

ただ、画面割れのiPhoneを買取に出す際には色々と注意点や確認すべきことがあります。
これを怠ってしまうと、買取が出来なかったり、予期せぬトラブルに見舞われてしまうこともあります。ですので、買取に出す前にしっかりと確認をしておきましょう。

端末の分割払いが終了しているか

まず確認すべきは、端末の分割払いが終了しているかどうかです。
大抵の人はiPhoneを分割払いにして払っているかと思います。分割料金が未払いの場合、予期せぬトラブルに巻き込まれる可能性がありますので、きちんと終了しているかどうか確認しましょう。

各キャリアのネットワーク利用制限確認サイトに、IMEI番号などを入力すれば判定出来ます。

「◯」の場合は、端末の分割払いが完済済みを表しています。
「△」は未完済・支払い中、「×」は料金未納・利用制限がかかっているこいとを表します。
「×」の状態だと買取は不可能なため、注意してください。

iPhoneのIMEI番号の確認方法は、以下の通りです。
「設定」→「一般」→「情報」→「IMEI」

iPhoneのIMEI番号を確認する場合は、上記の手順を試してみると良いでしょう。

データのバックアップ・初期化

続いて注意すべきは、データのバックアップ及び初期化です。
買取の前にデータの初期化やバックアップをしておかないと、個人情報が漏洩する可能性があります。そういったリスクを排除するために、必ずデータをバックアップ・初期化しておきましょう。

iPhoneのバックアップは、iCloudかiTunesで可能です。

iCloudでバックアップをする場合

iCloudでバックアップをする場合は、Wi-Fiに接続し、「設定」→「iCloud」→「バックアップ」をオンにしましょう。iCloudのバックアップをオンにすれば、すぐにバックアップを開始することが可能です。
Wi-Fiに接続している・電源が入っている・画面ロックがかかっているときに自動的にバックアップされます。手動でバックアップを取りたい場合は、「今すぐバックアップを作成する」というタブをタップしましょう。

iTunesでバックアップをする場合

iTunesの場合は、PCとUSBケーブルが必要になってきます。PCとiPhoneをUSBケーブルでつなぎ、iTunesを起動します。
接続が完了した状態になると、iTunesのサイト左上にiPhoneマークが出てきますので、そちらをクリックしましょう。
「概要」を開くと、バックアップ欄が出てきます。
「このコンピュータ」という項目と「iPhoneのバックアップを暗号化」という項目にチェックをいれ、「今すぐバックアップ」というタブをクリックすればバックアップを開始できます。
※暗号化をオンにした場合は、データを復元する際にパスワードの設定あり。忘れないように注意してください。

バックアップが完了したら、あとはiPhoneを初期化します。
初期化の手順は、「設定」→「一般」→「リセット」→「全てのコンテンツと設定を消去」→「iPhoneを消去」を2回タップすれば完了です。

まとめ

今回は、画面割れのiPhoneの買取について解説していきました。
当社では修理をメインにしているため、画面割れのiPhoneでも高価買取しています。ただ、買取に出す前にバックアップ・初期化、ネットワーク利用制限の確認などは行っておきましょう。