i+Remaker Channel

i+Remaker

iPhoneの画面を録画する方法 | iPhone買取・修理のi+Remaker

0120-810-084 受付時間10:00~19:00(365日対応)

2019年03月14日

その他

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhoneの画面を録画する方法

1022judhs3

こんにちは、アイリメーカー渋谷本店です。

「スマホでゲーム実況動画を撮りたい。」「キャプチャを撮りたい。」このように考えている人も多いでしょう。
今回は、iPhoneの画面を簡単に録画する方法をご紹介していきます。

iPhoneの画面って録画出来るの?

結論から言うと…できます。iPhoneの「画面収録」というボタンを押せば、簡単にiPhone画面の録画が可能です。
ただし、画面を録画する際に一度コントロールセンターの設定を行っておく必要があります。その他、録画を快適にするためにiPhoneの機能をオフにしたりする必要もあります。一見めんどくさそうですが、5分ほどで終わる作業です。下記で詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

iPhoneの画面を録画する時に知っておきたいこと

iPhoneの画面を快適に録画をする際は、以下のことを知っておくと便利です。

  • 通知をオフする
  • 画面の向きの変更
  • 録画した動画の編集や保存場所

通知をオフする

まず、iPhoneで画面を録画しているときに通知が来ないようにしておきましょう。
設定画面で一個一個通知をオフにするのは面倒なので、iPhoneに搭載されている「おやすみモード」を使うと楽です。おやすみモードを使えば通知は来ません。快適に録画をする為にやっておきたいひと手間です。

おやすみモードの設定の仕方は、コントロールパネルにある月型のアイコンを押すだけです。
IMG_3128

画面の向きの変更

次に画面の向きです。「横向きの方がやりやすいから、横向きで録画をしたい」という場合は、そのまま横向きにすれば録画が可能です。
もし画面が固定されてる場合は、コントロールパネルにある「画面縦向きのロック」を解除しておきましょう。

コントロールパネルから鍵マークのアイコンをタップし、画面縦向きロックの解除ができます。
IMG_3130

録画した動画の保存場所や編集

録画した動画は写真アプリに保存されます。また、編集をすることが可能です。
編集といっても簡易的なものですが、いらない部分を適宜カットする時に便利なので動画保存後は写真アプリから行ってください。

それでは、下記でiPhoneの画面を録画する方法について解説していきます。

iPhoneの画面を録画する方法

iPhoneの画面を録画する方法は簡単にまとめると以下の通りになります。

  1. コントロールパネルのカスタマイズ
  2. 画面収録の開始
  3. 画面収録の終了

コントロールパネルのカスタマイズ

まず、iPhoneの画面を録画したい場合、コントロールパネルをカスタマイズします。(初期設定の状態では、コントロールパネルに画面収録ボタンは入っていません)

「設定」→「コントロールセンター」→「コントロールをカスタマイズ」→「コントロールを追加」の流れでやっていきましょう。
「コントロールを追加」の項目に、「画面収録」というボタンがあるので、+ボタンを1回タップすると、コントロールセンターに追加されます。
IMG_3131

画面収録の開始

次に、録画したい場面でコントロールセンターを起動し、録画を開始しましょう。
カメラレンズの様なマークをタップすると、3カウント後に録画が開始されます。
IMG_3132

この時、コントロールセンターを表示させたままでいると録画をする時に映ってしまうので、カウント中に閉じておきましょう。
また、自分の声も録画したい場合は、マイクをオンにしておきましょう。マイクは「画面収録ボタン」を長押ししていると表示されてきます。

画面収録の終了

録画を終了したいときは、再度コントロールセンターを表示して画面収録ボタンをタップしましょう。これで録画完了です。
ただし、コントロールセンターを表示してしまうと録画画面にも映ってしまいます。そういったのが嫌な場合は、スリープボタンを一度押すor画面上部の赤色バーをタップすると、録画画面に映すことなく録画を終了することが出来ます。

まとめ

今回は、画面の録画方法について詳しく解説していきました。

やり方自体は非常にシンプルです。特別なアプリなどのインストールも必要ないため、iPhoneを使ってゲーム実況をしたい人は、ぜひ試してみてくださいね。