i+Remaker Channel

i+Remaker

パソコンからiPhone(アイフォーン)に音楽を取り込む方法 | iPhone修理のi+Remaker

0120-810-084 受付時間10:00~19:00(365日対応)

2019年01月11日

その他

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコンからiPhone(アイフォーン)に音楽を取り込む方法

bible-26902951280

こんにちは、アイリメーカー渋谷本店です。

「パソコンに入っている音楽を、iPhoneの中に入れたい。けど、やり方が分からない…」このように悩んでいる人は多いでしょう。今回は、パソコンからiPhoneに音楽を取り込む方法を詳しく解説していきます。

パソコンからiPhoneに音楽を取り込むには、iTunesへの登録が必要

まず、パソコンからiPhoneに音楽を取り込むためには、「iTunes」に曲・音楽を登録しておく必要があります。iTunesへ曲を入れたあと、パソコンとiPhoneを同期すれば、曲をiPhoneに取り込むことが出来ます。また、CDをパソコンに取り込み、iPhoneに入れたいときもiTunes経由で行う必要があるので注意してください。

iTunesのインストール方法

ここでは、iTunesのインストール方法をご紹介していきます。(WindowsOSのパソコンの場合)

まず、iTunesの公式サイトにアクセスしましょう。必要事項を記載し、利用規約に同意したらダウンロード開始ボタンを押します。ダウンロードすると、iTunesのセットアップアイコンが表示されますので、ダブルクリックしてください。あとは自動的にインストールされ、インストールが完了したらデスクトップにiTunesのアイコンが表示されます。アイコンをダブルクリックし、画面が開けば正常にインストールされています。

では、次にパソコンからiPhoneに音楽を取り込む方法をご紹介していきます。

パソコンからiPhoneに音楽を取り込む方法

パソコンからiPhoneに音楽を取り込む方法を大まかに表すと、このような感じになります。

  1. iTunesに音楽を取り込む
  2. iPhoneをパソコンに同期させる
  3. パソコンからiPhoneへ音楽を転送させる

では、一つ一つ順を追って解説していきます。

①iTunesに音楽を取り込む方法です。パソコンにCDを挿入したら、「CDをiTunesライブラリにインポートしますか?」というメッセージが出てきます。インポートをしたいなら「はい」のボタンを押してください。インポートがされたものには緑のチェックが入り、全ての曲がインポートし終えたらマイミュージックの中に表示されます。

②iPhoneとパソコンの同期です。iTunesのページを開いた状態で、パソコンとiPhoneを専用ケーブルでつなぎます。充電専用だと同期が出来ないため、必ず転送専用のUSBケーブルを用意しておきましょう。iPhoneとの同期が完了したら、iTunesの画面にiPhoneのマークが出てきます。

③パソコンからiPhoneに音楽を転送させます。iTunesの設定メニューから「音楽を同期」にチェックを入れ、選択が終わったら「適用」ボタンを押します。するとiPhoneとの同期が開始され、進捗状況も表示されます。同期完了のメッセージが表示されたら、iPhoneとiTunesの同期設定を解除し終了です。
PCから取り入れた音楽は、iPhoneのミュージックアプリで再生が出来ます。あらかじめこちらも確認しておきましょう。その他、iTunesStoreで購入した曲をiPhoneに入れたり、音楽ファイル(mp3、AAC、wma形式など)もiPhoneに転送することが出来ます。基本的なやり方は一緒なので、ぜひやってみてください。

まとめ

今回は、パソコンからiPhoneに音楽を入れる方法をご紹介しました。
iPhoneに音楽を入れたい場合、あらかじめiTunesに登録しておく必要があります。また、パソコンとiPhoneを同期させるためには、転送用USBケーブルを用意しておく必要があります。一見難しそうですが、実際やってみると案外簡単なので、ぜひ試してみてくださいね。